外資系企業では膨大なメールが飛び交っている

外資系企業

外資系企業では膨大な量のメールが飛び交っていると言われている。

実際、一日あたり100件以上のメールを処理するのは珍しくない

そんな事を聞いたあなたは、メールを処理する時間だけでも相当だろうと思うでしょう。

そんな状況を皆どのように解決しているのでしょう。

スポンサーリンク

1日数百件のメールは当たり前

日本企業では同僚や上司等社内の社員のデスクに行き、打ち合わせをしたり相談したりすることは今も続いている良くある光景であろう。

外資系企業でも同様に同僚や上司等に相談することはあるが、非効率と思われる行為を避けがちなビジネスマンは殆どのコミュニケーションをメールで済ませることが多い

よって海外本社、海外事業所および日本法人社内からのメールは日本企業とは比較にならない程多い。

当然電話での無駄話も時間節約の為に避けるかもしれない。

というのも日本企業にありがちなノンビリした雰囲気で仕事出来るほど暇ではない。限られた時間を有効に使って皆業務に取り組んでいる。

スポンサーリンク

タイトルが重要、そして自分宛以外のメールに時間を掛けない

朝、会社に出社してPC起動してメールの受信フォルダに新着メールが100件以上あることは日常的なことだ(現在はスマホのメールアプリと同期がとれているので24時間いつでも受信)。

この膨大なメールを普通に処理していたら、それだけで膨大な時間を要する

よって自分宛で無いメールは処理しない。担当外のメール等は他者に転送する。優先度の低いメールは空いた時間に処理する等ルールを定め効率よくメールを処理していく。

その中でメールの本文を見て優先度を判断していない。メールのタイトルと送信者によって優先度を判断することが多い。

敢えて言えば、どうでも良いメールは読まれることも無く削除される。実は外資系企業では普通のことだ。

そう、価値の無い物は用無しだが、メールさえも無用な扱いを受けることがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう