高級ホテルで行われる面接、外資系企業

外資系企業

多くの面接は、応募先企業の会議室で行われる。

しかしながら、外資系企業では高級ホテルのレストランやカフェで面接がセッティングされる場合がある。あまりこういう場面に遭遇してことがなければ、緊張して本来の自分が出せないかもしれません。

外資系企業では特に外国人や役員クラスとの面接でこのような状況をセッティングする場合がありますので緊張せずに臨みましょう。

スポンサーリンク

なぜホテルのレストランやカフェで面接するのか?

会社内の会議室を利用した方が、時間的にもコスト的にもいいのは理解できる。

しかし、社外のそれも高級ホテルを使うのだろうか?

第一の理由は求人応募者が現在も就業していて、就業後面接するにあたり高級ホテルの設備を使う方が便利がいいからということである。

求人側から見れば、就業後会社に来てもらうのが良いが、そうすると面接開始時刻が午後8時を過ぎることもあり、面接官に負担を掛ける。

求人応募者側から他社へ転職活動することは社内に最も漏れてはならない情報であり、高級ホテルで人に会っていても怪しまれない。

レンタル会議室を利用することも出来るが、高級ホテルの方が安価に済む。

私も数度高級ホテルでの面接を受けた経験があるが、一つは当時勤務していた企業近くの高級ホテルのレストラン、もう一つは応募した企業の日本法人トップでその彼の自宅近くの高級ホテルのカフェでした。

スポンサーリンク

レンタル会議室利用は都内では増えている。

以前に比べて東京都内等ではレンタル会議室が安価にかつ膨大に増えてきている。中には求人側が求人情報漏洩を気にする余りにレンタル会議室を利用するケースが増えている。

また、社内会議室がどの外資系企業もコストの観点から多くない、そこで社内でなくてもいい面接会場としてレンタル会議室の利用もある。

スポンサーリンク

スタートアップの企業にはありがち

外資系企業では日本法人設立当初にはレンタルオフィスを活用する場合がある。レンタルオフィス自身は都内の一等地にあり小綺麗ではあるが、来訪者向けの設備は多くない。

そこで一等地近隣には高級ホテルがあり、アクセスが良いので利用する。

私がある外資系企業のCEOと面接をした際、溜池山王近くの高級ホテルだった。そのホテルが選ばれた理由はCEOの自宅がそこから徒歩3分ほどで面接後すぐに帰宅できるからだった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう