外資系未経験で転職する英語力準備とは? 4つのポイント

スポンサーリンク
外資系企業
スポンサーリンク

 

外資系企業に転職を初めて試みてやっぱり気になるのはご自身の英語力だろう。

 

留学経験があり数年以上生活経験があれば、いくらビジネスで使う言葉等に違いがあるとはいえ気にならないでしょう。しかしそのような人材は多いわけでは無い。

 

また実際求められるレベルはその企業の職種やポジションによって変わってくるため、英語に自信がないからといって諦めてしまうことはない。

 

スポンサーリンク

英語力より実務経験を重視する場合

外資系企業とは言え、英語が話せればいいわけでは無い。

 

企業で働くのだから仕事が出来ることが武器になります。

 

そう、既に専門知識が十分に備わっており即戦力として企業として武器になっていれば、英語力がそう高くなくても経験、技術または専門知識が豊富であることをアピールすれば良いでしょう。

 

スポンサーリンク

入社後直ぐに高いレベルの英語力を求められない場合

入社後、業務上社内環境が日本人ばかりや日本国内の事業所等連絡を取ることが多く英語を使う機会が殆どないというポジションであれば外資系企業はあなたに高い英語力を入社後直ぐには求めないでしょう。

 

私が勤務した外資系企業の地方営業所の営業クラークで英語がほぼ出来ないという人がいましたが、業務を行うにあたり支障は無かったようです。

 

しかし、入社後社内異動や昇進等により業務内容が変わる可能性がありますので、入社後に改めて計画を立てて英語力向上を計りましょう。

 

スポンサーリンク

日常的に英語のメールや英文書読解が必要な場合

日常的に英語のメールや文書の読解が必要なケースは少なくありません。むしろ外資系ですから至って普通でしょう。

 

少々過去の話ですが、私がある外資系企業に勤務していた時、メールのアプリケーションが海外本社仕様で言語は英語のみだったので、日本法人内社員へのメールでさえ英文で送っていたことがありました。

 

単に日常会話としての英会話が出来るだけでは通用しません。英文法や文章作成能力も問われます。

 

事前に志望する外資系企業の職種を調べ、文書を読む機会がありそうならばTOEICを受験して実力を計り事前にしっかりと学習していきましょう。

外資系企業へ転職なら、外資系転職エージェントへアクション

ロバート・ウォルターズ

 

スポンサーリンク

日常的に英語でコミュニケーションをとる場合

社内コミュニケーションの多くが英語で行われまたは海外本社等とWeb会議が頻繁に開催される職種であれば、英語で面接を行なったりするでしょう。

 

業務でも海外に電話したり、急な海外からの来客にも対応が求められることが想定できます。

 

また日常業務は日本語で行っていても海外本社の承認が必要な案件で急に英語でコミュニケーションが必要となります。

 

よって日常的に自己研鑽を怠らずに英語で対応できるようにしておきましょう。

 

 

英会話の実力を無料で判定してみませんか?

オンラインで簡単に英会話無料体験

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました