未経験で外資系企業に転職できるのか?20代、30代なら大いにチャンスあり3つのポイント

スポンサーリンク
外資系企業
スポンサーリンク

 

多くの日本人は日本で教育を受け、卒業とともに就職されるでしょう。

 

今あなたが20代もしくは30代になったばかりであれば、たとえ未経験であっても外資系企業への転職の可能性はあります。

 

しかし、ただ目的も無く社会人生活を過ごしていてもキャリアを積んだりスキルをアップできるわけではありません。

 

では英語力は当然ながら専門知識やスキルが重視される外資系企業へ転職できるよう準備することついて述べていきましょう。

 

スポンサーリンク

英語力をブラッシュアップ

外資系企業では当然のように社内コミュニケーションに英語を使うシーンが多い。

 

求められる英語力は企業、部署、ポジションによって異なるもののメール、ミーティングまたは電話等多岐に渡り機会があるため、英語力を磨いておく必要があるでしょう。

 

現在社内で英語を使う環境にない方の多くはTOEIC等の試験を受けて現状の英語レベルを計る方も多いでしょう。

 

また求人案件によっては面接を英語で行う場合がありますので個々で出来るリスニングやリーディングのブラッシアップだけでなくスピーキングも磨いておきましょう。

 

しかし、実際の現場では使われる英語がその社員の地域性的発音の違いがあり、かつ話される内容はその外資系企業のビジネスを行っている業界独特の単語等が使われるので、一般的な英会話学校で学ぶのではなく、様々な出身国の英語講師によるプライベートレッスンが有効でしょう。

 

スポンサーリンク

自主性と主体性ある行動

日本企業では( 特に大企業 )新入社員に限らず転職者に対しても教育プログラムに沿ってトレーニングが行われる。この事は転職者にとって安心であろう。更に先輩社員から指導を受けることもあるでしょう。

 

しかしながら、外資系企業では環境が全く違います。例えばある部門のマネージャー職で採用されたら、入社初日から原則その役割と責任が求められますので、自分自身で主体的にかつ自主的な行動が求められます。

 

その外資系企業独特の業務プロセス等はマニュアル等で示され順応する必要がありますが、日本企業のように何から何まで踏襲するのではなく、個々の役割と責任に応じて改善することが期待されています。

外資系企業に転職なら、外資系転職エージェントへアクション

ロバート・ウォルターズ

 

スポンサーリンク

ポテンシャル採用を上手く使う

ポテンシャル採用とは外資系企業やグローバル企業での就業経験が無いことで英語を使った実務経験が無い、外資系企業が求める求人案件にある業種や職種での経験が無い求職者に対して、その企業が求めるポジションに近いスキルを持っている人材に期待を持って採用すること。

 

ただし20代または30代前半に方までが適用範囲となる。

 

 

まずは、外資系転職エージェントにアクションを起こしましょう。

 

ロバート・ウォルターズ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました