会社にバレずに転職活動する時、気を付けたい4ポイント

転職

在職中の転職活動をする場合、会社にはバレないようにしたいものだ。

現職の業務をこなしながら、企業情報収集や面接日時の確保など、時間管理はなかなか難しく、「知られたくなかったけどバレてしまった」という転職者も少なくありません。

「知られない」為に何を気を付けるべきか十分理解して転職活動しましょう。

スポンサーリンク

転職活動していることを会社関係者に限らず、友人知人に話さない。

この行動をやってしまう人は多い。

転職活動には不安が付き物で、その不安を解消したいという思いから、上司や同僚に転職活動していることを伝えようと考える人もいるはずです。

上司や年齢が上の世代の人間ほど、在職中に転職活動をすることを快く思わない人が多いため、周りに伝えずに進めるのが良いとされます。

転職を周りに言わないほうが良いとされる理由は、先ほどの事のほかにもう一つあります。それは、会社にとって転職はマイナスとなるためです。

確かに転職は自分の人生においては良いことではありますが、社員を雇う会社にとっては、その社員を失うことになるため、企業としては避けたいところなのです。

特に上司の場合、会社の社員を辞めさせないようにする、という使命を会社から命じられているため、どんな理由であれ社員の退職はなんとしてでも防ぎたい事なのです。

スポンサーリンク

転職エージェントに登録して面接のスケジュール調整等を全て任せる。

会社にバレないようにするには、転職エージェントに登録しましょう!

直接企業に応募するから、応募した企業と会社でコソコソ連絡するような行為が発生します。

転職エージェントに登録すればコソコソ会社で転職活動をする必要がなくなるからです!!

登録すれば、あなた専任のコンサルタントがあなたをサポートしてくれます。

応募企業の面接スケジュール調整から、給与等の条件交渉まですべて転職エージェントにお任せすればよいのです。

あなたは専任のコンサルタントと連絡を取るだけでいいので、転職活動をしていることを会社に気付かれずに済みます。

転職エージェントとの連絡はメールが妥当でしょう。

急な電話連絡が必要な場合は連絡を取り合える、時間帯を決めておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう