外資系企業転職で得られるメリット 5選

外資系企業

日本の大学を卒業して働くにあたり、途上国に比べ遥かに優良企業が日本に存在してその優良企業に働く機会を得ることが出来る。

しかし、一部の人だけかもしれないが外資系企業で働くことを選んでいる

もしかすると地方では外資系企業とは縁遠く報道やエンターテインメントの世界かもしれない。

ではどうしてそうしてまで外資系企業で働くのか?

スポンサーリンク

高収入

原則年棒制ですが、それは「ベース給」と「インセンティブ求」に分かれます。「ベース給」は実績やスキル等に応じて決まります。日本企業の基本給にあたります。

「インセンティブ給」は日本企業のボーナスのような仕組みで、個人の成果に応じて支給される特別な報酬です。

「インセンティブ給」は社員毎の契約によって違い、四半期毎に高額な報酬を得る社員もいます。

また同じ外資系企業でも若い会社の場合にはストックオプション制度があります。このストックをいつ現金化するかによって得る実質報酬額は変動します。ICT黎明期に付与されたストックを現金化して莫大な所得を得た経済人が多々いた。

転職等に際して

給与交渉を行うのであれば、単に現給に対して上昇分を交渉するのではなく、客観的な観点から自分のスキルや経験または実績を具体的に説明して組織にどのように貢献できるかを明確な根拠と共に提案して希望する報酬を獲得しましょう。

スポンサーリンク

実力が評価されやすい成果主義

日本企業では協調性を重んじて一体感を重視する傾向があり、業績等の成功は部門または部署として評価され、それに伴った報酬もその部門等に与えられることが多い。

しかし、外資系企業では成果主義であるためプロジェクト等の成果に見合った評価を受け、それに伴った報酬が個人に与えられます。

このように目に見える形での対価があるので個人のモチベーションアップにもつながってきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう