7ポイント、外資系企業の転職面接準備

転職の対策

Last Updated on 01/05/2022 by setagayablueocean

setagayablueocean
setagayablueocean
外資系企業へ転職したいけど、面接等日本企業とは違うのかなぁ?


  • 初めて外資系企業への求人案件に応募するけど、日本企業との違いに不安がある方
  • 外資系企業への応募書類に戸惑いがある方
  • 外資系企業に応募したら、推薦状を求められ戸惑っている方
  • 外資系企業に応募しようとしたら、転職エージェントから英語での職務経歴書の提出を求められ戸惑っている方

今回は上記の方の悩みを解決しましょう。

日本企業の面接の多くは、応募者を企業が審査するというイメージが大きい。

 

一方、外資系企業では互いが対等で企業は応募者に特徴を説明し、応募者は積極的に自分を売り込もうとする。

 

このことで互いを知り、出来るだけミスマッチを無くそうとするのだ。

 

しかし、この行為が片方でも怠れば縁がないこととなるだろう。

 

そこで転職希望者が外資系企業に面接に行くまでに準備することについて述べたい。

スポンサーリンク

英語作成の職務経歴書

 

外資系企業への求人応募で必ずといって必要な書類が、英語で作られた職務経歴書です。日本語版や履歴書と違い決まったフォーマットはありません。

 

しかし、インターネット等に参考となるテンプレートは沢山ありますので、その中からあなたの職歴や表現方法に近いものを選び活用しましょう。

 

人材紹介会社RGFプロフェッショナルリクルートメントジャパンのサイトにサンプルがありますのでご参考になればと思います。

 

英文履歴書(レジュメ)・職務経歴書・カバーレター テンプレート ・サンプル – RGF Professional Recruitment Japan (rgf-professional.jp)

 

更に作成した英文のチェックをしたいのなら、利用している転職エージェントの外国人コンサルタンまたはインターネットで英文をチャックしてくれるサイトがあるので活用しましょう。

 

また外国語で書いた文章を添削してくれるサイトがありますのでご参考になればと思います。

ネイティブと相互添削で外国語学習 | 外国語を学習するならLang-8

 

スポンサーリンク

推薦状

 

現在多くの外資系企業の海外本社等は推薦状の提出を求めます。

 

これは、これまで在籍した会社の上司または役員等からあなたを応募先企業に推薦する書類です。

しかし外資系企業では多くのビジネスマンがキャリアップ等のために転職していきます。よって在籍中の業績を残せたビジネスマンは堂々と在籍した企業の上司または役員に推薦状作成をお願いするのです。

 

逆に言えば、推薦状を得られないビジネスマンの採用を外資系企業は好まないということになります。

 

あなたは初めて推薦状作成を依頼するかも知れませんが、後ろめたいことでは全くありません。堂々と作成のお願いをしましょう。

 

スポンサーリンク

JDの確認

 

JDとはJob Descriptionの略で求人票のようなものです。この書類には求人情報が詳しく記されています。

 

具体的には以下の項目が記載されています。

 

Position:

 

Work Type (FT, Contract):

 

Location:

 

Reporting to:

 

Summary

 

Responsibilities

 

Preferable

 

この内容はあくまでも企業が求める内容ですので100%一致しなくても大丈夫です。

 

しかし、企業が何を求めているのかはジックリ読み取りましょう

 

スポンサーリンク

企業研究

 

その企業が今後どのような方向性を持って進もうとしているのでしょうか?日本法人を拡大しようとしているのか?マーケットシェアは?売上や利益の推移は?

 

株価の推移は?構成されている役員や社風は?

 

このような内容は外資系企業の場合、日本法人について非公開事項が多いが海外本社の情報やインターネット掲載のニュース又は業界情報誌サイト等を検索してみよう。

 

また転職情報サイトには企業の評判について投稿が見うけられるので参考にしたい。

 

スポンサーリンク

面接官の研究

 

転職エージェントがインタビューを設定する際、面接官情報も得ていることがある。

 

この情報をもとに面接官の経歴やタイプの情報収集して当日の受け答えの対策をしておこう。

 

私にも経験があるのだが、面接官が外国人の場合(事前に英語で面接と通告済)

英会話添削の無料お試しで確認してはいかがでしょう。

GLOBAL CROWN for Group

 

応募先企業から突然に英語で面接と言われたら

スポンサーリンク

職務経歴説明時の注意点

 

面接時に必ず職務経歴を説明する時間がある。既に渡してある書類内容を読み上げても何ら面接官には関心を引かない。既に面接官が一読しているなら新しい情報は無いからだ。

 

あなたは在籍した企業での成果をSTAR形式でアピールしてあなたの価値を認識させよう。

 

STARとは、

 

Situation=状況

 

その時の状況や背景について簡単に説明します。(誰が、何を、どこで、いつ、どのように)

 

Task=仕事

 

何か具体的な課題や条件を、乗り越えなければならなかった仕事について説明します。(締め切り、予算、その他の制約や問題など)

 

Action=行動

 

仕事を完了させるにあたって取った具体的な行動について説明します。すべてを言う必要はないので、良いところを強調しましょう。(独創性、知性、献身、統率力など)

 

Result=結果

 

努力が実った結果を報告して締めます。できれば定量化された数値などを示せるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

面接時質問事項

 

面接時には必ずいくつか質問を用意しておこう。

 

 

ここからはあなたが主体的になって企業を見定める番です。

 

社風

 

業績

 

展望

 

文化

 

服装

 

ワークライフバランス

 

様々な角度で質問が準備できるはず。私はいつも10以上の質問を準備して面接に臨みます。

 

もしあなたが転職活動に行き詰ったら

あたらめて転職エージェントに相談してみましょう。

ロバート・ウォルターズ

 

 

終身雇用の文化の残る日本企業では既に退職した元社員に為に推薦状を書くなんてことは想像しないだろう。

 

しかし外資系企業では多くのビジネスマンがキャリアップ等のために転職していきます。よって在籍中の業績を残せたビジネスマンは堂々と在籍した企業の上司または役員に推薦状作成をお願いするのです。

 

逆に言えば、推薦状を得られないビジネスマンの採用を外資系企業は好まないということになります。

 

あなたは初めて推薦状作成を依頼するかも知れませんが、後ろめたいことでは全くありません。堂々と作成のお願いをしましょう。

 

スポンサーリンク

JDの確認

 

JDとはJob Descriptionの略で求人票のようなものです。この書類には求人情報が詳しく記されています。

 

具体的には以下の項目が記載されています。

 

Position:

 

Work Type (FT, Contract):

 

Location:

 

Reporting to:

 

Summary

 

Responsibilities

 

Preferable

 

この内容はあくまでも企業が求める内容ですので100%一致しなくても大丈夫です。

 

しかし、企業が何を求めているのかはジックリ読み取りましょう

 

スポンサーリンク

企業研究

 

その企業が今後どのような方向性を持って進もうとしているのでしょうか?日本法人を拡大しようとしているのか?マーケットシェアは?売上や利益の推移は?

 

株価の推移は?構成されている役員や社風は?

 

このような内容は外資系企業の場合、日本法人について非公開事項が多いが海外本社の情報やインターネット掲載のニュース又は業界情報誌サイト等を検索してみよう。

 

また転職情報サイトには企業の評判について投稿が見うけられるので参考にしたい。

 

スポンサーリンク

面接官の研究

 

転職エージェントがインタビューを設定する際、面接官情報も得ていることがある。

 

この情報をもとに面接官の経歴やタイプの情報収集して当日の受け答えの対策をしておこう。

 

私にも経験があるのだが、面接官が外国人の場合(事前に英語で面接と通告済)

英会話添削の無料お試しで確認してはいかがでしょう。

GLOBAL CROWN for Group

 

応募先企業から突然に英語で面接と言われたら

スポンサーリンク

職務経歴説明時の注意点

 

面接時に必ず職務経歴を説明する時間がある。既に渡してある書類内容を読み上げても何ら面接官には関心を引かない。既に面接官が一読しているなら新しい情報は無いからだ。

 

あなたは在籍した企業での成果をSTAR形式でアピールしてあなたの価値を認識させよう。

 

STARとは、

 

Situation=状況

 

その時の状況や背景について簡単に説明します。(誰が、何を、どこで、いつ、どのように)

 

Task=仕事

 

何か具体的な課題や条件を、乗り越えなければならなかった仕事について説明します。(締め切り、予算、その他の制約や問題など)

 

Action=行動

 

仕事を完了させるにあたって取った具体的な行動について説明します。すべてを言う必要はないので、良いところを強調しましょう。(独創性、知性、献身、統率力など)

 

Result=結果

 

努力が実った結果を報告して締めます。できれば定量化された数値などを示せるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

面接時質問事項

 

面接時には必ずいくつか質問を用意しておこう。

 

 

ここからはあなたが主体的になって企業を見定める番です。

 

社風

 

業績

 

展望

 

文化

 

服装

 

ワークライフバランス

 

様々な角度で質問が準備できるはず。私はいつも10以上の質問を準備して面接に臨みます。

 

もしあなたが転職活動に行き詰ったら

あたらめて転職エージェントに相談してみましょう。

ロバート・ウォルターズ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました