外資系企業で働いてみよう 準備編

スポンサーリンク
外資系企業
スポンサーリンク

 

年齢に関係なく、テレビ等に出てくるような外資系企業で華やかに働きたいと思う方もおられるでしょう。

 

東京では地方に比べて外国人を多く見かけるように外資系企業が多く拠点(日本法人本社)を設けていて、そこには当然外国人が働いているが日本人も働いている。

 

その外資系企業で働いている日本人を英語堪能でエリートのようだと想像している方がいるかもしれない。確かに帰国子女が在籍し才能豊かな人材が働いているのは事実ではあるが全ての日本人がそうだとは限らない。

 

また外資系企業だと生き残りが大変で残酷なイメージを持っている人もいるだろう?私の実体験を交え、先ずは外資系企業で働いて良かった事を知って欲しい。

 

外資系企業で働いて良かった事 5選

さて、今回のメインは準備編としてあなたの状況に応じた外資系企業で働く事を目的に行う事について述べたい。

 

スポンサーリンク

あなたが高校生以下なら

大学進学後、少なくとも1年間は留学することを前提に進学先を選んで欲しい。

 

大学によっては交換留学プログラムがあり協定する海外大学で取得した単位を在籍する大学の単位になったり正規留学より費用を抑えることができたりとメリットが多々ある。

 

この交換留学等の期間で英語コミュニケーション能力向上以外に異文化を体験しましょう。

 

それが外資系企業内の異文化社風に対して抵抗感を低くする一助になるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

あなたが大学生なら

現在の学年にもよるが低学年で且つ大学に交換留学プログラムがあれば是非利用してみよう。

 

しなしながら高学年であればせめて2週間程度でも構わないので異文化に触れる目的で海外語学研修プログラムに参加しましょう。

 

スポンサーリンク

地方在住社会人なら

地方在住だと外資系企業で働くことは縁遠く、例え地方都市にある外資系企業の支社または営業所で働くことが出来ても真の外資系企業の環境とは縁遠い。

 

また外資系企業における日本法人の大多数は海外本社から見て営業拠点としての位置づけなので、更にその日本法人の地方支社または営業所となれば日本法人本社への異動は厳しいのが現実である。

 

よって東京で働くことをまず目指し転職しましょう。

 

スポンサーリンク

東京都内近郊在住社会人なら

職種または職位によっては入社当初から英語能力の高さを問わない外資系企業も多々あります。例えばエンジニア関連職種では実務さえできれば英語能力を採用条件に入れていない外資系企業は見かけます。

このような外資系企業であれば入社後英語能力を磨いても構わないので転職を早速挑戦してもいいでしょう。

 

但し、職位や職種に最初から英語能力を問われるようでしたら、早速英語能力を磨くために投資を開始しましょう。

 

 

外資系企業で働いてみよう スキルアップ編はこちらへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました